用途に合わせたサイズの風呂敷選び

風呂敷は様々なサイズがあり、使い方に応じて揃えることをおすすめします。

金一封などの小さな物から、布団などの大きな物を包める大きさまで
幅広く揃っています。

最も小さい約45cmもしくは50cm四方の物を、それぞれ中幅と一尺三寸幅と
言います。

この大きさの物は小風呂敷と言われ、お弁当箱を包むランチクロスや
化粧品ポーチやバッグインバッグの代わりとして利用することも可能です。

代用できる

上質なちりめんや和風の織り柄が入った素材であれば、御祝いや香典などを
持って行く時にふくさとしても使うことができます。

慶事用に使うなら華美で豪華な生地や色柄の物を、香典用であれば黒などの
地味な色合いの物を揃えるとよく、紫色であれば慶弔両用で使うことも可能です。

二幅や二尺幅は68~75cm四方のサイズで、一般的な大きさの風呂敷です。

菓子折りなどのギフトセットや、御中元とお歳暮などのお世話になった方に
渡す改まった贈答品にも利用できるでしょう。

結び方にも色々と工夫でき、相手側の目を楽しませることもできます。

1m四方に近い大きさの三幅の大きさの風呂敷があれば、出先で荷物が
増えるかもしれませんが、バッグを持つほどでもないという時に
このサイズの風呂敷を用意しておくと、簡単なエコバッグ代わりにする
使い方も可能です。

リングバッグ

持ち手を結んで作ったり、プラスチックリングを結び付けたりすると
イチゴ型の手提げの形にすることもでき、普段使いにも浴衣用の
バッグにもできる使い方もあります。

広げてテーブルクロスにもできますし、テーブルクロスやタペストリーの
ようにインテリアにも利用できます。

四幅から七幅の大きさの風呂敷は約1m28cm~2m38cm四方まであり、
一般にはあまり馴染みがないと思われます。

押し入れがない家の場合は使わない座布団や布団を包んで、部屋に
そのまま置いておいても見苦しくない状態にすることも可能です。

こたつの上掛けやソファーカバーに使えますし、ベッドカバーとして
ほこりよけにすることもできます。