従来の風呂敷からデザイン風呂敷への進化

「風呂敷」というと、どのようなイメージを持つ人が多いのでしょうか。

日本に古くから伝わるものというイメージが大きく、
デザインに関しても伝統的なものが主流であったはずです。

伝統的なデザイン

しかし、最近は他にはない個性的なものを求めるという人も多くなってきています。

これまでも風呂敷を個人や団体で製作するということは
ありましたが、既存の製品に名前やロゴを入れる
というものがほとんどでした。

最近はそれに加えて、ベースの色を変えたり、
オリジナルの製品を作るという場合も多くなっています。

オリジナルの風呂敷を製作したいという場合には、
専門の印刷業者に依頼する必要があります。

ふろしきの質や費用については業者によって
異なりますので、信頼をすることが出来るところに
依頼するということが大切になるでしょう。

安易に費用だけで決めてしまうと、出来上がったものが
思ったような品質ではない・デザインが好みではないと
いうことも生じるため、注意が必要です。

京都のれんならデザイン風呂敷が製作できる

京都のれんでは、日本製にこだわった
ふろしきの製作を承っています。

オリジナルのふろしきの製作を行っている印刷業者は
複数ありますが、一度の注文でたくさんの枚数を
製作しなければならないというところも
少なくはありません。

複数枚の注文

その点、京都のれんであれば、1枚から注文をすることが
出来ますので、団体だけではなく、個人でも
製作をしやすいというメリットがあります。

そして、大量のオリジナル風呂敷を作りたいけれど
品質などに不安があるという人のため、サンプルとして
1枚だけを作るという方法もあります。

費用については、風呂敷の大きさや使用する素材によって
異なりますので、事前に確認をすることをおすすめします。

納期は注文数等によって異なりますが、入金をしてから
約2週間ほどとなります。

注文については、余裕を持って行うようにしましょう。
分からないことや不安に感じることがあれば、
事前に確認し、納得してから注文をすることが大切です。