何度も使える良さが見直されている

ポリエステルでできた袋は軽くてかさばらず、手軽に使えるところが
何よりも魅力ですが、その一方で角が引っかかると簡単に破れる
薄いものも少なくありません。

中身が見えると何となく格好悪いという体裁もあって、
紙袋を希望する人も多いものの、どちらも一度使うと
しわしわした感じになり、いかにも使いましたという
印象になる点が共通しています。

贈り物の際には紙袋が今や正式となりましたが、この使用感を
拭い去るために、買ったときと持参するときの両方で
紙袋をつけるのが店としても当たり前となっているだけに、
より多くの資源を必要としている点にも目を向けたいところです。

アイロンをあてられる素材の風呂敷を用いることで、
買って帰るときは紙袋に入れてもらっても、相手に渡す際に
持参するときは風呂敷に包んで持って行くと、余分な紙袋の
削減につながるだけでなく、相手に驚きを与えることができます。

エコに繋がる

特に風呂敷に包んで持って行ったのが男性だったら
かなりのインパクトになるはずです。

シンプルなものから渋くてかっこいいものまで多種多様

京都のれんはさまざまなデザイナーと一緒に、オリジナルデザインの風呂敷を多数作っています。

中にはダイナミックな絵柄を用いたものもあり、
どちらかというと女性よりも男性が使った方が
しっくりくるかっこいい風呂敷も少なくないとあって、
風呂敷デビューするには京都のれんの風呂敷なら間違いありません。

青や若草色など、シンプルに一色だけで作った色合いから
選ぶのもいいですし、白い生地にいろいろな色合いを使って
描いた風呂敷であっても、デザインが鳳凰と唐草という
いなせなものであれば、華やかな雰囲気を選んでも使いこなせます。

鳳凰と唐草

デザインを見れば渋さとかっこよさの両方がうまくミックスされて
いることが分かりますし、何より今の時代に男が風呂敷を
使いこなせるというところに、この人は伊達な魅力を持っていると
感じてもらえそうです。

エコへの効果も期待できるだけに、上手に使えるようになれば
便利になることでしょう。