オリジナル風呂敷を製作するときのポイントは

最近は、贈り物として風呂敷を発注しそれを送る人も少なくありません。

オリジナル風呂敷は、店頭に置かれている商品の中から選ぶのとは異なり
自分で好きなデザインに仕上げることが可能になります。

そのため、相手が喜ぶようなデザインで製作をすることが可能です。

オリジナル風呂敷を注文したい場合には、インターネット上で
受注することができるため、風呂敷を専門的に作っている業者や
Tシャツを始めとする染め物を専門的に販売している業者に
頼む必要があります。

風呂敷の業者

オリジナル風呂敷を作る場合は、あらかじめサイズを選ぶことが必要です。

一般的な風呂敷は正方形になっているため、縦と横の長さが同じです。
小さいもので、縦と横が40センチ位からのものもありますが
ある程度大きなものを包みたい場合には、不十分なサイズです。

例えば、A4サイズのノートを入れたい場合には、縦横が40センチだと
はみ出してしまう恐れがあります。

この場合には、縦横が70センチから90センチ位のサイズを選ぶと良いでしょう。

大きさによって金額が異なりますが、多少大きさが違っても
そこまで料金に差が出るわけではありません。

金額の違いが出ても数百円程度でしょう。

1枚から発注が可能で丁寧に作ってくれる

これからオリジナル風呂敷を作ってもらう場合には、
業者によっては1枚から作ることができます。

1枚しか作らない場合には、たくさんの枚数を同時に作るよりも
単価が高くなりますが、世の中にひとつしかない貴重なものと考えれば
高い金額を支払っても損はありません。

業者によっては、材質を選ぶことができるところもあります。

素材の種類

例えば、綿ならばシャンタンと呼ばれるものと
ブロードと呼ばれるものの2種類が存在します。

前者は、凹凸があり広く人気がある材質です。
後者は、平織りが特徴となっており、肌触りが良く柔らかいのが魅力です。

それ以外にはポリエステルを使ったものもあり、料金が安い上に
シワになりにくいといったメリットがあるでしょう。

これらの中から素材を選び業者に作ってもらいますが、
業者によっては機械でしか対応していないところと
手染めのところがあります。

この2つのうち、料金で言えば機械で作ったほうが安くなります。

特に手作りにはこだわりがなく、少しでも安い金額で作りたい場合には機械で充分です。

しかし、人に手渡すものや思い出に残るものを作りたい場合には
手織りのオリジナル風呂敷を注文すると良いです。

ちなみに、安い所で1枚あたり3500円程度です。
材質にもこだわり手織りにすると5000円ぐらいはかかります。