風呂敷を使ったギフト

風呂敷を使用して華やかさや上品さを演出できる包み方をしたいと考えている場合はいくつか覚えておきたいやり方があるので、しっかりと頭の中に入れて実践してみると良いです。

おすすめする包み方の一つ目は、平包みです。 この包み方は結び目のない落ち着きのあるものとなっていますが、格式が高く様々な場面で活用することができます。 特別な日に贈り物を包みたいという場合に良いです。
二つ目はお使い包みです。 一回結ぶことでほどけることのない結び方である真結びを採用することで、安定感があって持ちやすい形状になります。
表と裏の両方で使用できる風呂敷の場合は、結び目を作る際に裏面を見えるようにすることでポイントになってお洒落です。 三つ目は隠し包みです。

 

真結びをすることでメインとなる柄が隠れてしまったり、包む品物の大きさが大きすぎて思うようにラッピングすることができないなどという場合は、メインの柄の部分を引っ張ってきてその部分を覆うようにすることで上品な見た目にすることができます。

四つ目は四つ結びと呼ばれる四角い形をした包み方です。 真四角の形をした重箱や箱などを包みたいと考えている場合におすすめです。 真結びを2か所で行うので、安定感が増してほどけることなく持ち運びも簡単にすることができます。

このように風呂敷には様々な種類の包み方が存在するので、目的や包みたいものなどに応じて最適なものを選択することが大切です。 風呂敷は大きさが豊富なので事前にサイズを確認しておくと安心です。 "

other page :

多様な風呂敷の使い方

オシャレな風呂敷

ご利用案内ページ

使う前に知っておこう!風呂敷の作法と心得

企業ノベルティに!ロゴ入り風呂敷製作は京都のれん

企業ノベルティに風呂敷という選択を

企業のノベルティ商品には様々なものがあります。よくあるものとしては、ポケットティッシュや団扇やタオル・文房具・生活雑貨などがあげられます。
それらのものもけして悪くありませんが、どこの会社でもやっているものだと、インパクトに欠けるのは否めません。そこでおすすめしたいのが風呂敷です。

風呂敷は日本の伝統的な布製品であり、様々な用途に使えるということで、現在その価値が見直されつつあります。
もらう側としても、風呂敷はけっこうお得感があり嬉しいのではないでしょうか。それに風呂敷なら長く使ってもらえる可能性が高いです。

このような販促目的で配布するアイテムは、なるべく手元で長く使ってもらえるようなものが理想的ですが、風呂敷はまさにうってつけといって良いアイテムです。
末永く手元で使ってもらえれば、企業の宣伝効果も抜群でしょう。コスト面でもメリットがあります。単なる布ですから、とても安い価格で調達することができます。

ノベルティ用風呂敷製作は京都のれんへ

ノベルティ用のふろしきを製作するなら、京都のれんという業者に依頼するのがおすすめです。

こちらの会社ででは、会社のロゴマークなどを入れた完全オリジナルのふろしきを製作することができます。
パソコンでイラストレーターなどのデザインソフトを使ってデザインを作成し、それを入稿することで自分たちだけのふろしきを作ることができてしまいます。

この方法なら、自分たちでデザインを自由に設定できる上に、料金もとても安く抑えることができるでしょう。販促品の作成は、いかに費用を抑えるかということも重要なので、これは有り難いです。

しかし、京都のれんのふろしきは、けして品質が悪いというわけではありません。
同社で製作されるのれんは日本製であり、熟練の日本の職人たちが製作に関わっています。
ですからとても高品質です。

縫製は四方ミシンにより行われており、しっかりした作りになっていて、末永く使うことができる製品に仕上がっています。