オークションで値落ちする事故車とは

一般的には、中古車は買取業者が買い取った後、オートオークションにかけられます。
そして、そこで中古車販売業者が競り落とし、市場に再度出回るという流れになっています。

このオートオークションで値落ちしやすいものの一つに事故車があります。車というのは走行性能や外観もさることながら、安全性という点が非常に重視されます。

ましてや中古車というのは、従来の乗り手によって同じ車両でもずいぶん異なった状態になりますので、かなり慎重な目で見られます。事故車の場合には、一度機器類が破損しているという問題があり、既に修理が住んでいるとはいえ、気がつかない箇所が破損している可能性がないわけではありません。

そのため、同グレードの車と比べると、事故車というのは安く買い叩かれる傾向にあります。

自分の車を買取りに出すときには、事故車であればあまり高い金額にならない可能性がありますので、合見積もりをとって高く買い取ってもらえるところを探しましょう。

事故車をオークションで売買する時の値段

中古車をオークションなどで売買する人も沢山いますが、会場や時間帯によっても値段は大きくかわってきます。

自分の愛車を少しでも高くオークションで売りたいなら、夜遅くよりは競争相手が多くいる昼を狙った方がいいでしょう。

会場などによっっても相場が高い会場と、安い会場があるのでよく調べてから出店するといいでしょう。

出品台数の少ない会場の方が安く買えることがあります。

会場で修復歴の評価基準も違ってくるので、気をつけなければいけません。同じ修理をしていても事故車になる会場と、ならない会場があります。

事故車になれば安くしか売れないことになるので、会場選びも大事です。

リユースオークションという事故車や事故のままの車、過走行車などを積極的に売買する会場もあります。そういう所で事故車を売れば値段も高くなるので、利用してみるといいでしょう。

オークションは、事故車が高く売れる可能性もありますが、リスクも存在するのでしっかり調べてから出品しましょう。

事故車はオークションで。燃費もよい

オークションでは様々なものを落札することができます。

意外なものが出品されていますが、そのなかでも特に人気が高いのが、事故車のオークションです。

事故車というと、もう使い道がないように感じるかもしれません。
しかし有効活用できるパーツがある場合はそれらを活用できますし、安い修理会社を知っている方は、そういったルートで修理し、新しく活用することもできるので、事故車は非常に人気があるといえるのです。

とくに燃費の良い軽自動車はここ数年の人気傾向にあります。各自動車メーカーも、自社の目玉となる存在の軽自動車の開発に積極的に取り組んでいますよね。

それだけ軽自動車は需要が高く、幅広い年齢層のユーザーに支持されているといえるのです。

オークションに出品すれば、自分の好みでスタート価格を設定することができます。

なかには1円スタートのオークションもあり、そういったものは入札が多く、盛り上がる傾向にありますよ。ぜひ試してみてはいかがですか。